王立展示館とカールトン庭園

Royal Exhibition Building and Carlton Gardens

概要

「王立展示館とカールトン庭園」とは、オーストラリアのビクトリア州メルボルンに建つ世界文化遺産です。メルボルンは首都シドニーと共に、オーストラリアのオセアニア地域を代表する都市であり、第二の首都とも呼ばれています。

「王立展示館とカールトン庭園」が世界遺産になるまで、オーストラリアでは自然遺産や複合遺産のみが登録されていました。この「王立展示館とカールトン庭園」は文化遺産として初めての登録となりました。

王立展示館は1880年のメルボルン万博のために建設され、様々なヨーロッパの建築様式を施した近代建築の建物です。またカールトン庭園は約26ヘクタール、東京ドーム5.5個分程の広さの美しい庭園が広がっています。王立展示館はカールトン庭園内に建設されており、その美しさと建築様式から2004年共にユネスコの世界遺産に登録されました。

王立展示館

王立展示館
Royal Exhibition Building by Rexness, on Flickr

王立展示館はカールトン庭園内にあり、メルボルンで行われた万国博覧会のために、1880年に建設されました。ルネサンス、ビザンチン、ロマネスクなどヨーロッパの多種多様な建築方法を用いて建てられた、オーストラリアでは初めてとなる西洋風の建築物です。

王立展示館はカールトン庭園を進んで行くと、見事な造形の噴水と、青く美しいドーム常の建物が中央にあり目を引きます。この王立展示館はその後も1888年ヨーロッパからオーストラリアへ入植して100周年を祝ってのパーティーを行う会場や、1901年には国会議事堂としての役割を担い国内外の様々の催しの場に利用されました。

現在も展示館として建物は残され見学することが可能で、館内は19世紀万博の歴史を肌で感じることができます。また展示館内ではイベントなども行われています。

カールトン庭園

カールトン庭園
carlton gardens by ben britten, on Flickr

カールトン庭園は1839年にビクトリア植民地の初代総督チャールズ・ラトローブが公園用地にし、庭園作りが始まりました。そして1880年のメルボルン万博開催のため王立展示館建設にともないカールトン庭園も手直しが加えられ、現在のカールトン庭園の原型が完成されました。

現在では庭園内にはテニスコートや大型映画館などの施設が併設されており、19世紀ヨーロッパ風の作りでありながらと近代文化やスポーツが入り混じる空間が広がっています。

26ヘクタールという東京ドーム5.5個分の広大な敷地には、様々な植物や生き物が生息しており、市民や観光客の憩いの場になっていたり、散歩楽しむ姿が見られます。

散策ポイント

カールトン庭園は敷地内に規制がなく、自由に見学することが可能です。メルボルン市街地に広がる自然を散策するだけでも、見応えがあります。様々な植物や生き物が生息しているため、季節ごとに変わる植物を見るのもおすすめです。

王立展示館は外からの見学のみですと、無料で見ることができますが、館内の見学は有料で、ガイドツアーに参加しなければ入れませんので注意が必要です。またガイドツアーも14時からの1回のみになりますので、時間の調整もしておくといいでしょう。

国名 / エリア オセアニア / オーストラリア
登録年 2004年
登録基準 (ii)
備考 文化遺産

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。