マデイラ諸島のラウリシルヴァ

Laurisilva of Madeira

概要

マデイラ島
Photo by Mario La Pergola on Unsplash

マデイラ諸島のラウリシルヴァとは、ポルトガルのマデイラ島に分布する照葉樹林です。
マデイラ諸島はポルトガルの首都リスボンから南西約1,000㎞の大西洋に浮かぶ火山列島。「ラウリシルヴァ」とはポルトガル語で照葉樹林のことを言います。マデイラ島の北側に広がる照葉樹林の原生林が、世界自然遺産に登録されています。

昔、ヨーロッパの広範囲には照葉樹林が広がっていましたが、約258万8000年前の氷河期の影響で、ほとんど無くなってしまいました。しかし、マデイラ島は氷河期の影響を受けず、現代まで照葉樹林原生林が残る貴重な地域となっています。このため正式には「遺存型照葉樹林」と呼ばれています。

マデイラ島は「太平洋の真珠」と称される美しい島で、今ではポルトガルの人気の観光地となっています。

マデイラ島の特徴

豊富な水

マデイラ島
Photo by Mario La Pergola on Unsplash

マデイラ島の北側の森から豊富な水が育まれています。

ラウリシルヴァ(照葉樹林)は古木の林があり、この地域は常に霧に包まれています。古木にはシダがびっしりと生えており、少しでも光があたるよう幹の上のほうに着生しています。幹や枝にはさらにコケが生えています。シダやコケに霧が触れると、水滴となり、地面に落ちます。こうして照葉樹の森全体で、豊富な水が集まるようになっています。

マデイラ島
Photo by Mario La Pergola on Unsplash

水が集まり、やがて1つの流れとなり、滝となります。マデイラ島ではあちこちで水、滝を見ることができます。

プライド・オブ・マデイラ(Echium nervosum)

プライド・オブ・マデイラ
プライド・オブ・マデイラ

風の強い海沿いに咲く花で、プライド・オブ・マデイラ(Echium nervosum)と呼ばれています。固有種。

国名 / エリア ポルトガル / ヨーロッパ
登録年 1999
登録基準 文化遺産 (ix) (x)
備考 ■関連サイト
Laurisilva of Madeira(UNESCO)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。