ランス・オ・メドー国定史跡

L’Anse aux Meadows National Historic Site

ランス・オ・メドー国定史跡の概要

ランス・オ・メドー国定史跡
Photo by André Carrotflower, on Flickr

カナダの東に位置するニューファンドランド島。
島のグレート・ノース半島北端には、1978年に世界ではじめて世界遺産に登録された12件のうちのひとつであるランス・オ・メドー国定史跡があります。

ランス・オ・メドー国定史跡
L’Anse Aux Meadows by Eric Titcombe, on Flickr

西暦1000年ごろに北欧から渡来してきたヴァイキングの集落跡で、史跡の近くには当時の生活を偲ぶことができるよう、住居や船などが復元されたヴァイキング村がつくられています。この世界遺産の名前には、フランス語で「くらげの入り江(L’Anse-aux-Méduses)」という意味があります。

特徴

ランス・オ・メドー国定史跡
L’Anse Aux Meadows by Eric Titcombe, on Flickr

ニューファンドランド島は、日本の本州の半分ほどの面積がある大きな島です。その北端にある世界遺跡「ランス・オ・メドー国定史跡」は、1960年にノルウェーの探検家ヘルゲ・イングスタッドと彼の妻である考古学者アン・スタイン・イングスタッドによって発見されました。

イングスタッド夫婦は中世アイスランドに伝わる叙事詩「赤毛のエイリークのサガ」の伝説に心を惹かれた人物です。人を殺めた罪で追放刑に処せられたノルウェー・ヴァイキングの赤毛のエイリークが安住の地を求めて海を旅して、ヴィンランドと呼ばれる麦やブドウが自生する肥沃な大陸を発見する。

そんな物語を心に秘めたイングスタッド夫婦が北アメリカ東岸を冒険するなかで、ヴィンランドの記述と似た風景を発見します。

発掘調査で青銅器や鉄器などの道具の他に、カナダの東に位置しながら、ノルウェー様式の住宅の特徴がある建物や溶鉱炉など8つの建造物が見つかりました。これによってコロンブスがアメリカ大陸を発見したという歴史を覆す重要な場所となり、世界遺産に登録されることになったのです。

見どころ

ランス・オ・メドー国定史跡
Photo by André Carrotflower, on Flickr

ランス・オ・メドー国定史跡は、西暦1000年ごろに北欧から渡来してきたヴァイキングの集落跡であり、北米における最初のヨーロッパ人による入植地が築かれた痕跡でもあります。現在では、3つの建物が復元されており、当時の生活を垣間見ることができます。

資料館のほか、ハイキング・トレイルやピクニック・エリア、ギフトショップなどがあり、夏から秋にかけては定期的なイベントも開催されていて多くの観光客が訪れます。


国名 / エリア アメリカ大陸 / カナダ
登録年 1978年
登録基準 (vi)
備考 文化遺産

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です