フィリピン・コルディリェーラの棚田群

Rice Terraces of the Philippine Cordilleras

フィリピン・コルディリェーラの棚田群とは、フィリピンのルソン島北部に広がる棚田地帯です。棚田は世界最大規模。コルディリェーラとはスペイン語で山脈を意味し、標高1000mを越える峰々が多数存在しています。

コルディリェーラの棚田は、山岳民族のイフガオ族などにより、約2000年前から棚田がつくられてきたと言われています。一部の地域では、水牛なども使われた形跡がうかがえます。

この地域では代々稲作を行うことで生活を維持し、発展してきた「文化的景観」の例として、自然環境と人間の暮らしが生み出した調和を見ることができます。1995年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

国名 / エリア アジア / フィリピン
登録年 1995
登録基準 文化遺産 (iii) (iv) (v)
備考 ■関連サイト
Rice Terraces of the Philippine Cordilleras(UNESCO)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。