イグアス国立公園

Iguazu National Park

Iguazú National Park
Image from Pixabay by Ralf Genge

イグアス国立公園の概要

ブラジルとアルゼンチンにまたがって存在する国立公園で、イグアス川が流れており、その最下流部には世界3大瀑布であるイグアスの滝があります。「イグアス」とは、アメリカ州の先住民族であるグアラニー族の言葉で「大いなる水」という意味があります。

イグアス国立公園は、イグアスの滝と周辺の熱帯雨林を合わせたもので、アルゼンチン側とブラジル側に存在しています。1984年にアルゼンチン側、1986年にブラジル側が世界自然遺産に登録されました。野生生物が多く生息しています。

公園の面積は、アルゼンチン側が494平方キロメートル、ブラジル側が1700平方キロメートルで、東京都とほぼ同じ大きさ。ブラジル側がアルゼンチン側より3倍も広いですが、イグアスの滝は8割がアルゼンチン側に存在しています。

イグアス国立公園の特徴

イグアス国立公園

イグアス国立公園には、植物は約2,000種類、鳥類は約450種類、哺乳類は約80種類が生息しており、絶滅危惧種である動植物が数多く存在しています。ここには5種の生態系が一つの公園内に生息している、世界でも珍しい国立公園です。

必見観光スポット

悪魔ののど笛!?大迫力のイグアスの滝

イグアスの滝

イグアスの滝は、アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの国境が交わる場所にあります。アルゼンチンのプエルト・イグアス、ブラジルのフォス・ド・イグアス、パラグアイのシウダー・デル・エステの各都市が向かい合っている場所にあり、横幅約4kmに渡っています。大小様々な滝が約300も存在し、最大落差は約80m、流れる水の量は世界最大といわれています。

最も有名な滝は、「悪魔ののど笛(Garganta del Diablo:ガルガンダ・デル・ディアブロ)」です。この滝は一番大きな滝で、毎秒7,000tもの水量があります。大量に流れ落ちる滝の轟音が、悪魔のうねり声のように聞こえることからその名がつけられました。ブラジル側とアルゼンチン側の両方から見ることができ、異なる景観を楽しめます。

グアラニーのイエズス会伝道施設群

Jesuit Missions of the Guaranis
Ruinas de la reducción jesuita de San Ignacio Miní, Argentina by Edgardo W. Olivera, on Flickr

イグアスの滝の近くにあり、イエズス会の宣教師が先住民族のグアラニー人へ布教のために開いた伝道村です。世界文化遺産に登録されており、ブラジルにあるサン・ミゲル・ダス・ミソンイスの遺跡群が1983年に、アルゼンチンにある「サン・イグナシオ・ミニ」、「ヌエストラ・セニョーラ・デ・サンタ・アナ」、「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート」、「サンタ・マリア・ラ・マジョール」の4施設が1984年に拡張登録されました。

伝道村には、教会や学校などもありここで宣教師とグアラニー人が自給自足の共同生活をしていました。

鳥の楽園。パルケ・ダス・アーベェス

パルケ・ダス・アーベェス

ブラジル側のイグアス国立公園入口近くには、パルケ・ダス・アーベェスという南米最大級のバードパークがあり、約150種類の鳥類が生息しています。広さは約16.5ヘクタールで東京ドームの約3倍の広さです。園内には鳥類のみでなく、爬虫類や昆虫、蝶など数百種類の生物が生息しており、日本では見られないような貴重な生物を間近で見ることができます。


国名 / エリア アメリカ大陸 / アルゼンチン / ブラジル
登録年 1984年
登録基準 自然遺産 (vii) (x)
備考 国立公園

■関連サイト
Iguazu National Park(UNESCO)
Iguaçu National Park(UNESCO)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。