マチュピチュの地図、旅行案内

マチュピチュ旅行

マチュピチュというと、空中都市として有名な世界遺産で、インカの遺跡です。
旅行へ行くのなら、ペルーのクスコから列車で4時間ほどのマチュピチュ駅で降りて、バスで30分という行き方になります。
英語では、Historic Sanctuary of Machu Picchuといいます。
バスで標高差600mの道を登っていくと遺跡が突然姿を現します。

 

マチュピチュの地図

大きな地図で見る

 

グーグルアースがインストールされている場合
「グーグルアースで見る」のリンクから、kmlファイルを開くと、
グーグルアースで見ることができます。

グーグルアースで見る
(拡張子「kml」のファイルがダウンロードされます。)

 

マチュ・ピチュという言葉は老いたる峰という意味で、断崖絶壁の急斜面にあって、下からは見えないことから、幻の空中都市と言われています。
発見されたのは1911年で謎の多い遺跡です。
グーグルマップやグーグルアースで写真、画像を見ることができます。
グーグルアースなら、ジオグラフィックウェブのレイヤーを組み込むと、たくさんの写真を見ることが出来ます。
かなり美しいので、パソコンの壁紙にするとよいです。

マチュピチュ遺跡ツアー

マチュピチュ遺跡ツアーに行くのなら、雨期と乾期がある地方なので、ベストシーズンは5月から8月の乾期です。
雨期に行ってしまうと毎日雨なのでいろいろと不便です。
聖なる広場、王女の宮殿、三つの窓の神殿などがあります。
特に石組みの壁にカミソリの刃が入らないほど隙間が無い状態になっていることが、現在の技術を越えている点が謎です。
また、この場所に、このような都市が作られた理由も謎です。
たいたい、700人から1000人くらいまかなうことが出来る灌漑設備を備えています。
南米行きのツアーは、30万円以上するので、お金をしっかりためて、たくさん休暇がとれないと、行くのが難しいですが、この遺跡は言ってみる価値があります。