イグアス国立公園の地図、旅行案内

イグアス国立公園の地図

イグアス国立公園は、アルゼンチンとブラジルにまたがっており、
アルゼンチンのイグアス国立公園とブラジルのイグアス国立公園があります。
そして、両方共世界遺産に登録されています。

 

両方共「イグアス」とは、原住民の言葉であるグアラーニ語で、大いなる水の
ことであります。広さはアルゼンチン側が約68、000ヘクタールでブラジル側は約1
85、000ヘクタールです。そのうちで、一般観光客に開放されているイグアスの滝の
周辺は公園全体の約0、3%を占めるに過ぎないです。大小さまざまな滝が流れいます。
おとずれる観光客は滝の周辺に造られている遊歩道を伝って歩き、さまざまな方向や高さ
から滝の景観を楽しむことができる。また、滝壷までの高さは約72mであります。

 

イグアス国立公園の地図

大きな地図で見る

 

グーグルアースがインストールされている場合
「グーグルアースで見る」のリンクから、kmlファイルを開くと、
グーグルアースで見ることができます。

グーグルアースで見る
(拡張子「kml」のファイルがダウンロードされます。)

 

イグアス国立公園アルゼンチン側は1934年に国立公園として指定されました。風景の美し
さを持った亜熱帯林として、ブラジル側よりも一足早く1984年にユネスコから世界遺産の
登録を受けております。一方、ブラジル側は1939年に国立公園として指定された後、1986
年にアルゼンチン側とは別に世界遺産の登録を受けています。公園内には約450種の鳥
類が棲息しており、特に早朝や夕方にその多くを観察することができる。比較的よく見か
けるのは、オオハシやオウムなどがおります。

イグアス国立公園へのアクセス

イグアス国立公園フォス・ド・イグアスからは、アルゼンチン側の滝に行くルートと、ブ
ラジル側の滝に行くルートの2つがあります。@アルゼンチン側へは、市内から「プエル
ト・イグアス行き」の路線バスに乗って、プエルト・イグアスのバスターミナルまで行く。
Aブラジル側へは「空港経由国立公園行き」の路線バスを利用して終点まで行きます。そ
こから公園内専用のバスに乗り換えて遊歩道入口まで行く。そこから先は遊歩道を利用し
まして滝の見学をします。また、フォス・ド・イグアスの空港から他の都市に移動するま
での空いてる時間に公園を見学したい人は、荷物を全て公園まで持っていった方がよ
いようにおもいます。大きな荷物を抱えて公園に行っても、ビジターセンターに大きな荷
物の入るコインロッカーが設置されていますので、まず問題ないようにおもいます。