エアーズロックの地図、旅行案内

エアーズロックの地図、旅行案内

エアーズロックの名称は1873年にイギリスの探検家ウィリアム・ゴスが探検の途中で発見
し、当時のサウス・オーストラリア植民地総督ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたと
言われています。ノッチと呼ばれる風の浸食によって出来た巨大なくぼみや六角形に侵食
された穴などがあり、ウルル表面の色、裂け目などにはそれぞれ意味があって精霊がやど
っているとされています。またウルルにはアボリジニの遺した壁画があり、その壁画には
精霊や水場の位置が描かれています。最も古いものは1千年程度前のものと推定されます
なお、アボリジニがウルル周辺に住み着いたのは、今から1万年以上前といわれています。

 


大きな地図で見る

 

グーグルアースがインストールされている場合
「グーグルアースで見る」のリンクから、kmlファイルを開くと、
グーグルアースで見ることができます。

グーグルアースで見る
(拡張子「kml」のファイルがダウンロードされます。)

 

エアーズロックは、中央のノーザンテリトリー、ウルルーカタ・ジュダ国立公園内に存在
します。西オーストラリアにあるマウント・オーガスタスについで、世界で二番目に大き
な単一の岩石「世界の中心」という意味合いで(大地のヘソ)、若しくは「地球のヘソ」
と呼ばれることもあります。ウルルとはもともとはアボリジニによる呼称で、1980年代ご
ろから正式名称として使われ始めました。エアーズロックは1987年にはユネスコの世界遺
産に登録されました。

エアーズロックに行きたい。

エアーズロックサンライズツアーは、エアーズロックの全景が見えるポイントから日の出
を楽しんで、その後登山口方面へ。登山には体力とエネルギーがいります。登頂についた
時はすがすがしい、空気を味わうことができます。その後は一度ホテルへ戻って休憩をと
ります。14:15頃(11月〜3月は15:00頃)再度ホテルよりマウントオルガへ向かい
ます。そこでは風の谷散策を十分に楽しみます。エアーズロックは最近じんわりと人気が
出てきました。エアーズロックのキャンプツアーでオーストラリアらしさを味わうには最
適です。キャンプツアーに参加して、食事、観光までついて、また格安で参加できます。
是非エアーズロック・キャンプツアーに参加して、真のオーストラリアを体験してみてく
ださい!