アルハンブラ宮殿の地図、旅行案内

アルハンブラ宮殿の地図、旅行案内

アルハンブラ宮殿は、スペインのグラナダにある宮殿、城塞です。
ナスル朝グラナダ王国のムハンマド1世により、建造が開始された建造物で、
アルハンブラは、アラビア語で「赤い城塞」を意味する言葉に由来します。

 

アルハンブラ宮殿の地図

 

グーグルアースがインストールされている場合
「グーグルアースで見る」のリンクから、kmlファイルを開くと、
グーグルアースで見ることができます。

グーグルアースで見る
(拡張子「kml」のファイルがダウンロードされます。)

 

アルハンブラ宮殿といえば、アルハンブラ宮殿の思い出という曲が有名です。
ギターの初心者が必ずといっていいほど演奏する禁じられた遊びに匹敵するほど有名なギターの曲です。

 

アルハンブラ宮殿に観光に行きたい

アルハンブラ宮殿は、アルカサバ城塞という砦を元に、1238年から着工され
全体の図面が用意されずに建造されたため、建築物としては評価が低いといわれることもありますが、一度見てみれば、アルハンブラ宮殿が世界遺産に指定されている理由がわかります。
アルハンブラは、さまざまな建造物の集合体で、アルカサバ城塞、
パルタル庭園、ヘネラリーフェ離宮、ライオンの中庭、コマレスの塔、カルロス1世宮殿などからなっています。
もともと、ムーア人が拠点としていたアルハンブラですが、グラナダ王国が滅亡した後やってきたカルロス1世がカルロス1世宮殿を建造しました。
長い歴史の中でアルハンブラが破壊されなかったのは、美しさによるものであるとも言われています。
また、女王イサベルの遺体が安置されています。
アルハンブラ宮殿に観光に行くときは注意が必要です。
入場制限があり、ならんでチケットを購入しても、当日に入場することができないかもしれません。
事前に入場券を予約しておいた方が無難です。